読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味で無趣味

超感情派ブログです

怒りの日[2017-3-15]

日記

日常をおもしろおかしく叙述するムーブメントに私も乗りたいです。

 

6時代に起床。その日は大学に書類を出しに行く日だった。本来は前日に行くつもりであったが、池袋駅にて判子を忘れたことに気付いて無念の退却。今日こそはとリベンジの意気込みで朝一番乗りをめざす。

受付開始時間ちょうどに大学に着くことはならなかった。書類を提出し、記念品や入学許可書、履修案内などを受け取って帰宅しようとしたところ工学部のお兄さんが話しかけてくる。どうやら新歓や文化祭のために数千円払わねばならなかったようだ。判子の次はこれの存在を忘れてしまった。コミュニケーションに難ありながらもかろうじて会話をした。

後々知ったことだが、この支援金は有志と言う名の強制で支払わせるものではなかったようだ。

 

帰りの電車。サークル案内や履修について斜め読みをする。写真系には入りたい。履修は全く理解ならず。

 

デレステのスカウトチケットに課金することをふと思いつき、お金を下ろしてコンビニで3000円のiTunesカードを購入。しかし、いざ課金しようとすると3000円では足りない。ポイントサイトで貯めて余ったぶんの160円を足してもギリギリ足りない。これは事前に調べなかった自分に落ち度があるとはいえ、相当心にきた。怒りの1500円分買い直しを決める。

罪悪感などがありながらもなんとか課金。一ノ瀬志希ちゃんのSSRを手に入れる。絶対春休みのうちにバイトして4500円を取り戻そうな。

 

帰宅してから改めて履修案内を読んでもまだまだ理解できない。それは当然だ。一般教養などに関するガイダンスがもう少ししてからあるので、そこで理解すればいいだけである。

 

風呂に入ってから突然の厭世観に襲われる。己より持っているものが多い者への鬱結した心ーすなわちルサンチマンの表れである。

ここでいう持っているものとは、高い学歴を持つもの同士繋がっていること、恋人を持っていること、異性との経験があることなど。これらについてあれこれ語ると余計に長くなるので割愛する。

超人とはかけ離れた人間だから、あまりの怒りと無念のあまり酩酊に近い状態になった。まるで安い飲み屋で社会への不満を無責任に語る平社員のようだ。もちろん未成年なので飲酒はしていないが。

 

翌日(すなわち今日)深夜の発言を見直してみたところ、こんなこと言った覚えがない、改めて見ると見苦しい、といった感情のみが残った。自己憐憫って感じだ。